39.  クロベに薬を飲ませる簡単な方法見つかった。

               ☆写真は普段の元気なクロベです☆

夕方病院でクロベは大きなケージの中で小さな黒い固まりになっていた。
家に帰る途中洗濯ネットから鼻で空気をかいでたので一安心。

ケージの中で吐いたりしているので、あっためたタオルで体をきれいにする。
麻酔の残りとショックでふらふら。

安心して休める所を探している。 五ヶ所目の押入れに決定。
朝まで寝る。
画像


そして翌朝 弱々しいながらもいつものご飯の場所に来るので
カリカリと猫缶少々やる。 薬はやれる状態でない。
画像


夕方2種類の薬を飲ませる事を決行する。(危険作業)
缶のペーストと同時にカプセルを口に押し込む。
1種は成功。 2種目は失敗。
(薬:抗プラスミン:抗炎症剤と抗生物質)
2回目足で反撃にあって痛かった。

カプセルの中身をえさと団子にしてみたらという提案があったので
台所でしばし試行錯誤。 団子にすると4個くらいになりそう。 多いかな。

画像

その翌日元気が戻ってきたので薬作戦。
1cm大のささみにカプセルを差し込んで口の奥にすばやく
押し込んだら簡単だった。 怖がらせずに薬をやることができた。
ご飯の一番初めにやること。 ある程度食べた後だと怪しんで
警戒して飲み込まない。


画像

クロベの1~2週間お兄ちゃんのビイも一安心。 
ビイは歯石つかないかわりに、野良猫とガチンコした
とき片方の牙が折れた。 先の1/3が無い。


"39.  クロベに薬を飲ませる簡単な方法見つかった。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント